結婚の内祝いとは

結婚内祝いは誰に贈る?時期と金額の目安は?

結婚の内祝いとは、結婚祝いをいただいた方や事情があって結婚式に来られなかった方からいただいたお祝い、または結婚式でいただいたご祝儀に対して引き出物の金額が不十分であった場合に対するお返しを指します。
一般的な結婚内祝いを贈る時期は挙式後1か月以内とされています。しかし結婚が決まってすぐにお祝いをもらう方もいると思います。そんな時は挙式前にお返しをしても問題はありません。
内祝いの金額の目安は関係性や地域によっても異なってきますが、一般的に「半返し」と言われています。1万円のものをいただいたら5千円相当のものをお返しするようにします。とは言っても、目上の方から高額な品物をいただいた場合はお祝いの3分の1程度でよいとされています。

どんなものを贈ったらいいの?

一般的に贈られるものをいくつか挙げていくとまずはカタログギフトです。これは相手が好きなものを選べるといったメリットがあります。いただいたお祝いの金額に応じてカタログギフトを贈るようにしましょう。他にも上質なタオルセットや有名店のコーヒー・紅茶・お菓子の詰め合わせも選ばれています。また、商品券やギフトカードなんかも人気です。
結婚内祝いにかける「のし」は、紅白で結び切りの水引を選びます。これは一生の誓いである結婚は蝶結びのようにほどけやすいものではなくほどけにくい結び切りを選ぶとされています。「のし」の書き方のポイントは、表書きに「内祝」または「寿」と書くのが一般的です。差出人には結婚後の「新姓」か「新姓の下に2人の名前を並べて」書き入れます。