お返しの金額の目安

出産内祝いの場合はもらった額の半分

かつて内祝いとは身内のお祝いを指す言葉でしたが、現在ではお返しをイメージする言葉として認識されることが多くなっています。内祝いの種類によってお返しの相場は大きく異なるため、どんなお祝いによって使う内祝いなのか参考にしてください。 出産内祝いの場合には、赤ん坊が生まれて1ヵ月後前後、お宮参りの頃に贈ることが一般的といわれています。遅くとも生後2ヶ月ごろまでには贈ってください。贈る金額の相場としてあげられているのは、祝いでいただいた金額の半分程度です。3千円もらった場合はお返しが1500円、1万円もらった場合は5千円前後とされています。 地域やお祝いをくれた人によってある程度幅があるといわれているため、地域のお返しに詳しい人に相談するといいでしょう。遠方の人の場合は地域の風習にとらわれず、相場の半分で贈ってください。

結婚内祝いはくれた人に合わせて相場が違う

結婚内祝いの場合、挙式を済ませてから1ヶ月以内に返すことが礼儀とされているため、挙式前後の多忙な時期に忘れないよう手帳などにメモをしておき、贈ることが望ましいでしょう。ただし、もらった時期が挙式1ヶ月前よりも早い時期であれば、挙式前に贈っても問題ありません。うっかり忘れて遅れてしまったときは、詫び状を添えて贈ると誠意が伝わります。
一般的に結婚内祝いの相場としては、金額や立場によってもらった金額と同程度か、三分の一、あるいは半額です。くれた人が自分よりも目下であれば同程度の金額を贈ってください。、上司や親戚の場合には高額である場合が多いため、高額なら三分の一程度、低い金額なら半額程度を贈るといいでしょう。