お返しをする時期

結婚式の内祝いのお返しはいつするか

結婚式にご祝儀をいただいた場合には、ご祝儀をいただいた方へ内祝いという形でお返しをするのが一般的です。これは大人の常識であって、最低限のマナーと言えるでしょう。このマナーを行ってしまうと、大人としてのモラルに欠けるものとなりますので、注意が必要です。それでは、結婚式にご祝儀をいただいた場合には、どのタイミングで内祝いをお返しするのが良いでしょう。基本的には内祝いは早ければ早いに越したことはありません。もちろん、結婚式を終えた後はすぐにハネムーンに出かけるカップルも少なくありませんから、そんなに慌てて送る必要はありません。しかし、少なくてもご祝儀を頂いてから一ヶ月以内には相手に内祝いが届くようにしましょう。

どんなものが喜ばれるか

結婚式でご祝儀をいただいた方々には内祝いとして、お返しをすることになりますが、ご祝儀全てが同じ金額をもらうわけではありませんし、もらう相手も違います。親族からもらうケースもあれば、友人からもらうケースもありますし、会社関係の方々からもらうケースもあるでしょう。ですから、全て同じものを内祝いとして送り返すわけにはいきません。ここが送る側としてはとても悩むところですが、それほど悩むことなく送れるものがあります。それが、カタログギフトによる結婚の内祝いになります。このタイプなら、基本的には金額とカタログの特徴さえ決めてしまえば送れます。商品そのものを決める必要が無い点は、送る側にしてみるととても手軽に送ることができます。